相手を傷つけず相手を制御する技法が学べる

合気道が究極の美しい武道と言われるのは、離隔態勢を守りながら相手の攻撃をさばき、制御し投げるからである。しかし、技法は難しい。形では演じられても攻撃側の自由意思の攻撃と真剣な防御に対抗するには乱取りを行いお互いが技を防ぎ、技をかけられるようにしなくてはならない。形稽古だけでは絶対に身につけることはできない。

映画ボーンアイディンティティの瞬時に相手を吹っ飛ばし、押さえる技法は合気道の当て身技、手首、間節技にある。

映画[赤ひげ]のように三船敏郎が暴漢を投げまくるように技を覚えたいならば無心塾池袋教室にお出でください。

 

 

 

 


 

正面当て
正面当て
相構え当て
相構え当て

乱取りの形 正面当てと相構当て

写真はあくまで正面の位置と側方の位置からの当身ですが、無心塾ではフックのよう

な相構当てを学びます。

 

無心塾の当て身はジャブとストレートの2種類。ジャブは相手を崩す、ストレートは投げきる。ボクシングのような俊敏性と間合いの駆け引き、連続攻撃を学びます。打撃ではありません、相手のバランスを崩す技法です。

 

3月1日 大阪城にて昭道