相手を傷つけず相手を制御する技法が学べる

形は乱取りのように、乱取りは形のように

 

冨木謙二先生がおしゃった稽古のあり方は、今では競技を楽しむ道場では普通に見ることができる。50年前は乱取りの稽古方法も模索状態で、みんながむしゃらに行っていた。競技合気道もルールの改訂と稽古法のうち試行錯誤により進化した。そして優れた選手を輩出できるようになった。

無心塾もそうした優れた選手を育成できるようになった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無心塾合気道は徒手対徒手、短刀対徒手の二つの稽古メニューがあります。

徒手対徒手は「当身のジャブ」を主体として、手首技、関節技、浮き技の各技法を分類して稽古します。「当身のストレート」は従来から実証済みの技法を練磨します。総合スパーリングはすべてを融合した乱取りとなります。

短刀乱取りは短刀に対する間合いを重視したコントロール法主体として当身、手首、関節技をステマチックに稽古します。

 

 

 


 

正面当て
正面当て
相構え当て
相構え当て

乱取りの形 正面当てと相構当て

写真はあくまで正面の位置と側方の位置からの当身ですが、無心塾ではフックのよう

な相構当てを学びます。

 

無心塾の当て身はジャブとストレートの2種類。ジャブは相手を崩す、ストレートは投げきる。ボクシングのような俊敏性と間合いの駆け引き、連続攻撃を学びます。打撃ではありません、相手のバランスを崩す技法です。

 

月曜 乱取り稽古午後7時半より。柿生道場。来週からです。