相手を傷つけず相手を制御する技法が学べる

私の師である富木謙治先生からの寄稿文を掲載する。

 

我々の理想は合気道を近代化して立派な現代体育の一種目としての競技を完成することにある。

 

つまり剣道競技や柔道競技と並ぶ合気道競技の完成にある。

 

古流柔術を近代化するということは、古流の「わざ」を整理改編して、体育学的理論にもとずいて「乱取ー試合」のできるようにすることである。

 

今日の「柔道競技」は、明治十五年(一八八二)恩師嘉納治五郎先生により天神真楊流、起倒流、その他の古流柔術を近代化して創られたものである。

 

古流の技術内容は多種多様であって、相手を離れて打ち、突き、蹴り、組んで投げ、抑え、締め、挫き、ときには短刀、刀、槍、棒、その他の武器をも用いることもあった。

 

そして流祖の体験的主観的立場から工夫され、しかも、それが秘法としてあつかわれていたので、各人各様の流派をつくって対立していた。

 

今日記録されているものが一七九流(日本体育史資料年表 今村嘉雄)がある。

 

これを技術性によって大別すれば次の二となる。

 

1、徒手によって徒手の相手を制御する「わざ」

 

2、徒手によって持武器の相手を制御する「わざ」

 

「柔道競技」は前者に属する「わざ」について「乱取ー試合」の練習体系を制定した。

 

「合気道競技」は後者に属する「わざ」について「乱取ー試合」の練習体系を制定したものである。

 

さて合気道は、大東流合気柔術の流れをくむ恩師植芝盛平先生によって創始されたが、その練習体系ならびに、その裏ずけとする理念は、古流柔術の範疇に属する。

 

私が合気道の近代化について研究を始めたのは、昭和十五年二月合気道八段を許可されてからである。

たくさんの「わざ」を分類整理して、さらに他の古流柔術についても広く検討してこれを補い、新しい練習体系をつくった。

 

ことに柔道の「わざ」との比較研究によって、両者は、技術的原理においては同一性であることに到達した。

 

すなわち、基本としての「自然体の運用」力の使い方としての「柔の理」、そして最小の力によって相手を倒すための「崩しの理」は、その原理が全く同じであることを知った。

 

ただし、その表現された「わざ」は、柔道においては、相手の衣服に組み付いて「わざ」をほどこすのに比べて、合気道では、相手の素肌(とくに前腕と手首)に組みついて「わざ」をほどこすのである。

 

したがって、その練習体系としては、二分性、つまり別々のものをもたなければ、十分にその「わざ」を練磨することが不可能であることを知った。

 

そして、嘉納先生の企図された古流柔術を超流派的に整理して近代化するためには、「柔道乱取法」だけでなく、「合気乱取法」が必要であることの結論をえた。

 

すなわち二つの競技種目を要するのである。「柔道乱取法」に含まれている「わざ」は投技と固技との二部門である。「合気乱取法」に含まれている「わざ」は当身技と関節技との二部門である。古流柔術では、その流派によって、その特色があるけれども、これらの二つの乱取体系のもつ「わざ」が混在していたのである。

 

昭和三十三年早稲田大学合気道部が新設されて「合気道競技」は実験段階に入った。

 

少しおくれて成城大学合気道部、つゞいて国士舘大学合気道部がこれに参加した。

 

熱心な部員の協力により試行錯誤をくりかえすこと約十ヶ年、ほぼこれを完成に近ずけることができた。

 

これによって、合気道を現代体育学の理論にもとずいて、学校体育の教材としての位置を明かにすることができたのである。

 

私は伝統の古流柔術を愛好する。

 

古流を正しく伝承することは尊いことである。

 

同時にこれを時代に即応するように発展させることも忘れてはならないと信じている。

 

私は嘉納先生と植芝先生と二人の恩師をもつことの幸福に感謝している。

 

そればかりではない。

 

若い大勢の部員諸君をもつことによって、この道が永遠に継承され、発展するであろうことに、限りない希望をもっている。

 

 

 

私の師弟観

 

われわれは、師弟相携えて真理を愛し真理を求める。

 

そして真理の前に謙虚でなければならない。

 

われわれの道は、師の業績に発して、弟子の業績によって達せられる。

 

弟子は師の業績を母体とし足台として、これを超克して進む。

 

ここに想像がある。

 

また、師は弟子によって継承され、否定され、そしてより高いものに綜合される。

 

ここに発展がある。

 

この創造と発展のうちに、おのづからから師弟の愛と敬とが生れる。

 

師を敬し弟子を愛することは、真理を愛し真理を敬する故に外ならない。

 

 

(四四、六、ニ五 稿)

 

合気道の技は精妙です。収得するのに時間がかかります。形は舞踊のように美しく、乱取りは格闘技としては華麗に流れるように施技します。

その技法を実戦で使えるようにするには形と乱取りの往還により稽古することが上達の要点です。

 

競技合気道の基本稽古に手刀動作がある。
手刀合わせ、掌底合わせとともに必ずはじめに行う。合気道の基本ルーチンである。
この手刀の使い方は形だけの会派の優れた指導者は修得しているようである。
師である富木師範、大庭師範は修得するのに何年もかかるのではなくて数ヶ月で身につくように基本動作のメニユーとして創案された。
この素晴らしい技法をより実戦的稽古で使えるように無心塾では手刀崩し、掌底崩しを稽古メニユーに組み込んでいる。相手が正面打ち、横面打ち、突き、蹴りを繰り出してきた時に、常に適正な間合いを保ち、相手の攻撃を柔らかく受け、手首の捻り、返しにより相手を崩す稽古である。
美しく俊敏に制御する技法は合気道特有の精妙なる動作である。
競技のためだけの稽古ではこうした実戦的護身法を身につけることはできない。こうした稽古を積むことは乱取り技法の向上にもつながるものである。
 

本日の動画はnewaikidou とアメーバ弱者のために

移動力稽古法をアップしています。

無心塾合気道は徒手対徒手、短刀対徒手の二つの稽古メニューがあります。

徒手対徒手は「当身のジャブ」を主体として、手首技、関節技、浮き技の各技法を分類して稽古します。「当身のストレート」は従来から実証済みの技法を練磨します。総合スパーリングはすべてを融合した乱取りとなります。

 

短刀乱取りは短刀に対する間合いを重視したコントロール法主体として当身、手首、関節技をシステマチックに稽古します。

 

 

 

 

 

 

 

 

無心塾合気道は徒手対徒手、短刀対徒手の二つの稽古メニューがあります。

徒手対徒手は「当身のジャブ」を主体として、手首技、関節技、浮き技の各技法を分類して稽古します。「当身のストレート」は従来から実証済みの技法を練磨します。総合スパーリングはすべてを融合した乱取りとなります。

短刀乱取りは短刀に対する間合いを重視したコントロール法主体として当身、手首、関節技をステマチックに稽古します。

 

 

 

正面当て
正面当て


 

相構え当て
相構え当て

乱取りの形 正面当てと相構当て

写真はあくまで正面の位置と側方の位置からの当身ですが、無心塾ではフックのよう

な相構当てを学びます。

 

無心塾の当て身はジャブとストレートの2種類。ジャブは相手を崩す、ストレートは投げきる。ボクシングのような俊敏性と間合いの駆け引き、連続攻撃を学びます。打撃ではありません、相手のバランスを崩す技法です。

 

月曜 乱取り稽古午後7時半より。柿生道場。合気道スパーリングをやりませんか。

動画による技法はアメーバ弱者のための合気道、gooブログnewaikidou ,無心塾ユーチューブにて公開!